« TRPGにおけるデザイナの意図と遊び方(長い・・・) | トップページ | 囲碁〜始めえてみる〜 »

りぼんびっくり増刊号

 本誌に比べると、読みきりが多いのでTRPGのネタ用にたまーに買ってたりします。欠点は本誌より買うのが恥ずかしいことでしょうか・・・

ねた。
・郵便委員って・・・いいなぁ・・・何か使えそう※1
・水沢めぐみ作品、いつものいーかんじ・・・TRPGねたとしては無理だけど(笑)

と、いろいろちまちまみてきたところで、「迷子のケモノ達」(藤田まぐろ作)でうーむ、さすがだ・・・まさか、コミックの続編になる形で作製するとは。TRPGねたとしてしようできそーなかんじもするものの、ばれると恥ずかしいのでとりあえず、封印、封印・・・・。
(しかし、こう、コミック1巻分(既刊)に、+1話だけ別にあるのって・・・コミックはどう出すんだろう・・・)
※1 空色のメッセンジャーを思い出してみたり。いまでも、空色猫とともに手紙をとどけているのでしょーか・・・

|

« TRPGにおけるデザイナの意図と遊び方(長い・・・) | トップページ | 囲碁〜始めえてみる〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: りぼんびっくり増刊号:

« TRPGにおけるデザイナの意図と遊び方(長い・・・) | トップページ | 囲碁〜始めえてみる〜 »