« デリケートに好きして21st Ver | トップページ | カスペルスキーで誤定義ファイルの配布による障害発生・・・・らしい(CNET-JP) »

まんがタイムスペシャル5月号

 新たな感じの、「ふたご最前線」や、収束に向かう「それだけでうれしい」なども良い感じですが、それらをおいといて、1番わらったのは、葉っぱの歌でした・・・

 ところでふと、「それだけでうれしい」の最後のこま、かっこよいせりふだなぁ と思ったわけなんですが、なにか、こう、以前にも(違う方向で)似たようなもので、心に奥底に残っているようなものがあるような・・・・と、しばらく考えた後、思い出しました。

あ、「顔の無い村」の電話だ。

「顔の無い村」は、社会思想社のゲームブック「送り雛は瑠璃色の」に一緒に収録されていた作品。創土社から出ている「送り雛は瑠璃色の」には含まれないので注意。別巻として、今年春ごろ(?)出すようです(2008/11ごろの情報)なお、もともとは、どちらも、ゲームブック雑誌「ウォーロック」に掲載されていました(それぞれ加筆修正があるので、どれも同じものではないですが)

|

« デリケートに好きして21st Ver | トップページ | カスペルスキーで誤定義ファイルの配布による障害発生・・・・らしい(CNET-JP) »

コメント

「それだけでうれしい」は単行本になって欲しいよねー。
ふたごもついに小学生…こっちも時間が流れました(笑)

投稿: HIRO | 2009/03/24 20:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20195/44448371

この記事へのトラックバック一覧です: まんがタイムスペシャル5月号:

« デリケートに好きして21st Ver | トップページ | カスペルスキーで誤定義ファイルの配布による障害発生・・・・らしい(CNET-JP) »