« ブートローダまわりであれこれ | トップページ | 愚かなプラグインを考える(プログラム言語なでしこ) »

USB3.0のLinuxをいかに起動しようか・・・(思案中)

 onBoardにUSB3.0のチップを持つMBを購入した(以前のが壊れたので買い替え&あっぷぐれーど)ので、USB3.0なUSB Memoryも合わせて購入して、Ubuntu10.10をセットアップ。
だめだろうなぁ と思いつつ起動してみるとやっぱりだめ。理由はBIOSが起動するデバイスとして対応していないから。
(チップセットに含まれてないからBIOSが対応していない という話を耳にしますが、それは間違い。BIOSもソフトウェアなんだから、対応しようと思えば(容量さえ足りれば)なんとでもなるし、対応していないのはMBのメーカ(BIOSメーカ)が単にそうしないからというだけ。)

そこで、以下の条件、
・内蔵HDDにインストールしたMS-Windows7(64)のMBRやPBRには変更を加えない。
・FDやCDやUSB2.0等の他の起動可能なデバイスは用いない(手間かけてまでは使わない)
・MS-Windows7のファイルシステム上にファイルを配置するのはOK。
・Ubuntu側の(kernelの)updateの際に、手間を必要としない方法にする(つまり、カーネルイメージと別ファイルでinitrdを取り出して置く方法はとらない)
でいろいろ探し回ってみたんですが・・・そもそも、USB3.0にアクセスできるものが異様に少ない。起動したMS-Windowsと、起動したLinuxぐらいっぽい。

と、すると、
・MS-Windowsの起動メニューからgrub4dosを呼ぶ。
・grub4dosから、NTFS上に配置したちっちゃなlinux+initrdを呼ぶ。
・ちっちゃなlinux+initrdから、USBを探してkexecする。
という感じなのかあぁ と。探すUSBのUUIDをgrub4dosから起動する際のカーネルオプションにできれば最高?
(UUIDは、initrd内に固定で書けば楽っぽいんですが、変わっちゃったら、アウトというのは避けたい)
もしくは、UUIDではなく、USBが1つならそのまま起動、2つ以上なら選択して起動とかなら、便利なのかも。
※ターゲットの調査はos-proberが役立つのかも。grub2の派生プロジェクトなのかな。
普段使いの起動なので、1つしかないもんを毎回選択するのは避けたいところ。まぁ、BIOSが対応し始めるまでの過渡期だけの話なんでしょうが・・・他メーカがチップ作っても結局intelの天下なんだなぁ。

|

« ブートローダまわりであれこれ | トップページ | 愚かなプラグインを考える(プログラム言語なでしこ) »

コメント

よろしかったら、どうぞ。
http://kiyoandkei.blog68.fc2.com/blog-entry-52.html

投稿: 鈴木清 | 2011/08/23 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20195/51153389

この記事へのトラックバック一覧です: USB3.0のLinuxをいかに起動しようか・・・(思案中):

« ブートローダまわりであれこれ | トップページ | 愚かなプラグインを考える(プログラム言語なでしこ) »