« なでしこ(日本語プログラム言語)用の母艦無しWindow実行ファイルを作成 | トップページ

なでしこ実行ファイルにDirect2D向けを作り始める・・・

 またもや、pluginではなく、実行ファイルです。
 先のGUI無しWindowsアプリに似ていますが、GUI部分をpluginとして取り込むようにして、Direct2D+DirectWriteのプラグイン(の作り掛け)を取り込めるようにしています(取り込まないと、先のとほんとにいっしょな感じ)
コマンドラインに、-load d2pluginもしくは、-l d2pluginとすることで、実行ファイルと同じフォルダにあるd2plugin.dllを取り込みます(ソース中の先頭の方に「# load:d2plugin」を書くことでも可能)
※d2plugin.dllの配置はplug-ins配下ではないです。通常のpluginと構造も違うので利用できません。

 まだまだいろいろ途中なので、ついているサンプルに書いてあるぐらいのことしかできません。
 実行する場合、なでしこをインストールしたフォルダに、enako.exeとd2plugin.dllをコピーして使用します(dnako.dll等、標準的ななでしこの実行環境が必要です)

一応、以下の場所にソース含めて圧縮ファイルにしました。d2pluginで利用可能な命令は、d2plugin.cppを覗いてみるとわかると思います(cppが解らなくても、命令が日本語なのでたぶん、わかる)

http://www.weyk.jp/files/enako.zip

なお、enako単体での固有の命令というのは無いです。guiのpluginを読み込まない場合、先のnnako.exeと同じような感じです。

|

« なでしこ(日本語プログラム言語)用の母艦無しWindow実行ファイルを作成 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20195/63642393

この記事へのトラックバック一覧です: なでしこ実行ファイルにDirect2D向けを作り始める・・・:

« なでしこ(日本語プログラム言語)用の母艦無しWindow実行ファイルを作成 | トップページ