PocketPC用アプリケーション開発の際のVisualStudioのEdition

 ふと、Visual Studio 2008のサイトを見ていて木になったのですが・・・「モバイルデバイスサポート」

・Visual Studio 2005では、「Windows CE/Mobile アプリケーション開発 (.NET; C++)」は、Standard以上で利用可能。
・Visual Studio 2008では、「モバイル デバイス サポート」は、Professional以上で利用可能。


 これが、同じ機能を指しているのかは、いまいち自信ありませんが・・・これだとすると、あんまりなのでは。
# Windowsアプリケーションだけなら、BorlandのDeveloper Studioつかってるんで、要らない・・・

むむ、2005からのアップグレードの際は、Std→Proにする必要があるとすると・・・金額的にちょっと迷うな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PocketPC/縦横考える

 開発環境を、PocketPC 2003用から、PocketPC 2003 SecondEdition用にびみょーにバージョンアップ。これで、Portrait/Landscapeと、QVGA/VGAの開発が可能に・・・ただし、SecondEditionの開発資料は完全に英語のみ。
 そして、SDKに付属の資料から縦横の切り替え対策を見て見たところ・・・・
案1.共通して利用可能な正方形のエリアだけ使用して作成する。
案2.縦用、横用で別個に画面(のコントロールの配置)を設計する。
と、出てました・・・力技しか無いよーです。

 そこで、とりあえず、ボタンが並んでいるだけのアプリを、縦横対応を考慮して配置するように変更。SoftwareInputPanelの制御はどうするのが良いのは不明なので、そのまま。テキスト入力が無い画面では、開くときにDOWNするのが良いのだろうか・・・?実機がなくて他のアプリの挙動がわからないので、いまいちぴんとこない・・・

プログラムダウンロード
WeykBooks.exe

| | コメント (2) | トラックバック (0)